弁護士に任意整理を依頼してよかった

借金がかさんで返済が困難になってきたため、弁護士に任意整理を依頼してました。私が選んだ弁護士は、任意整理を得意とする方でしたので、話もきちんと聞いてくれて親身に対応してくれました。収入はそれなりにありましたが、債務の返済が困難であるということで、自己破産よりは任意整理を希望していましたが、弁護士の先生も自己破産をした時にはダメージが大きいので、任意整理の方が良いとアドバイスをしてくれました。その後、実際に委任契約を結んで弁護士の先生に交渉をお願いすることにしました。交渉は比較的早く終わりました。やはり、得意とする方にお願いすることは、ノウハウがあるので良いからでしょう。
債務を負っていたすべての業者の毎月の支払額を、収入から十分に支払っていけるようにしてもらえました。また、同時に利息の割合も下げてもらうことに成功しました。その結果、毎月の支払いはきちんと行えるようになりました。最初は弁護士の先生に怒られてしまうのではないかという、勝手な予想から相談を躊躇していましたが、親身に相談に応じてくれて安心しました。
そのため、現在借金で悩んでいる方がいましたら、弁護士に相談して対策を考えることをおすすめします
ライフイベントとお金(3)住宅ローン残高 60歳700万円に – 日本経済新聞
日本経済新聞ライフイベントとお金(3)住宅ローン残高 60歳700万円に日本経済新聞午後8時半。筧家のダイニングテーブルで良男と幸子がバウムクーヘンを食べながらくつろいでいると、会社員の恵が息を切らせて帰ってきました。バッグから取り出したのは新築分譲マンションを特集した分厚い雑誌。いろんなページに付箋が貼られています。 良男 そんなに急い …(続きを読む)